PURCHASE & DISPOSAL

買取・廃棄サービス

オフィス家具の買取査定と
廃棄サービスのポイント

オフィスのリニューアル、移転にともない、買取や廃棄サービスのご利用を検討中の方へ、プロの視点から高価査定&コスト削減の10のポイントを伝授いたします。

①現地下見の際はなるべく大人数でも可能な状態を確保する

大規模なオフィスほど大掛かりな下見になるので、複数人で下見する方が詳細に情報を収集することができます。査定士には得意分野があるため、事務机や椅子、キャビネットといったオフィス家具をはじめ、電子機器、家電製品など、さまざまなジャンルの商材に対応できるように複数人調査可能な条件の方が優位に査定することができます。

②現地下見の際は写真撮影を許可する

現地を下見に来た査定士が得意分野でない商材が出てきた場合、写真に残すことで後で査定することが可能です。写真撮影をNGにしてしまうと、買い手の決裁者がイメージ出来ないため、買取価格が通常より安くなる可能性があります。

③下見からお見積り提出までは十分な時間が必要

事務机、事務椅子、キャビネットやロッカーといったオフィス家具など、得意な商材の査定はすぐにできますが、専門外の商材であれば査定をするのにパートナー業者に協力してもらうので時間がかかることがあります。
見積提出を短く設定してしまうと、パートナー業者との時間が取れず、やむなく廃棄処分に回してしまう場合があります。

④作業時間帯はできる限り日中作業で計画をする

夜間の搬出作業は廃棄作業でもっとも費用がかかると言われています。
一般的に日中作業の1.5倍程度費用がかかるため、日中の作業をおすすめします。

⑤地下からの搬出は管理会社へ相談し1階からの搬出を可能にする

地下からの搬出は、高さ制限の関係で大きな箱車トラックを用意するのが難しいため、小型トラックに荷物を積み、地上に出てからもう1度積み替えをする作業が発生します。
トラックを余分に用意するとコストが増加してしまうので、管理会社に1階からの搬出許可をもらうことがコスト削減につながります。

⑥エレベーターの専有運転を管理会社に依頼する

エレベーターを専有運転することで、搬出時間の短縮が図れるので、作業員のコストを圧縮できます。

⑦買取希望のオフィス家具は綺麗な状態にしておく

オフィス家具や電子機器の買取は、製造年やメーカー、ブランドもさることながら、商材の状態によって買取価格は変わってきます。
お見積りの前に出来る限り綺麗に掃除しておくことをおすすめします。場合によっては掃除によって数10万円の差額が出たケースもあります。

⑧エレベーターに乗るサイズへの解体作業を一括して依頼する

引越し作業に備えて、廃棄業者に不用品になる物品の施工作業(連結はずし)などを依頼しておくことをおすすめします。
解体の方法によって買取ができなくなる場合がでてくるのを避けるため、買取品の解体作業はリユース業者に任せるのがベストです。

⑨搬出作業に掛かるコストをいかに抑制するかを考える

オフィス家具の買取価格ももちろん重要ですが、企業から出る廃棄物や商材の搬出にかかる費用など、いかにコストを安く抑えるかも重要なポイントとなります。
いくつかの業者と掛け合い、相見積もりを取るほか、企業内でスタッフにも協力してもらい、さまざまなアイディアを出し合うことも大切です。

⑩買取を依頼する業者はリユース販売の専門業者がおすすめ

オフィス家具買取業者に直接商談することで、間接コストやマネージメント費用が安く抑えられます。
買取から廃棄作業の計画まで綿密にコンサルティングいたします。

オフィス家具買取の流れ

ビックリユースのオフィス家具買取の流れをご紹介します。丁寧なヒアリング・査定をしておりますので安心してご連絡ください。

①メール、WEB、電話いずれかで申し込み

いつ、どこで、どんなものを買取希望かご連絡ください。 迅速、丁寧にご対応致します。

②電話にて現況のヒアリング

弊社買取査定員から、何点かご質問させていただきます。
買取を希望されるオフィス家具の現地調査をさせていただく場合は、 日程を調整させていただきます。
100名程度のオフィスで30分~1時間以内が目安です。

③初回面談(現地下見)

事務机やロッカー、書庫(キャビネット)、会議室の大型デスクなど、買取を希望されるオフィス家具の対象品をご指定ください。オフィス下見の際に搬出経路などの確認も行います。買取がどうしてもできない場合は処分業の許可も持っておりますので、 廃棄・撤去も同時に見積もりができるのがビックリユースの強みです。作業がワンストップで大幅なコスト削減が可能です。

④見積り調整(日程、物量など)

ビックリユースではオフィス家具の買取・リユース・リサイクル・廃棄を行う際に、1番お安くできる作業工程をご提案致します。
産業廃棄物が絡む場合も、契約書の作成からマニフェスト発行、マニフェストの管理など、さまざまな業務と法務の負担を弊社で一括代行します。

⑤作業実行

ビックリユースの作業の特徴は徹底分別作業の実施です。
買取価格のアップはもちろんのこと、廃棄コストの抑制を徹底し、環境にも優しい作業を行うことを徹底しています。

⑥完了報告書作成とマニフェストの返却(作業完了後1ヶ月程度)

作業完了後、実績に応じて確定書をご提出しますのでとても安心です。
廃棄が絡む場合は最終処分場での処理の完了が概ね1ヶ月以内で完了しますので、 順次弊社管理でまとめてご返却致します。

処分廃棄予算作成

移転・リニューアル・買い替え・閉鎖計画が出た段階で詳細が決定していない場合、「予算策定費用」が発生する業者が多くあります。
ビックリユースでは、オフィス家具などの買取・廃棄予算の作成を無料でお手伝いしております。
オフィスのレイアウト図面などから大まかに数量を算出しながら、廃棄・処分した場合の予算を算出いたします。

お見積もり作成

オフィス移転・リニューアルの計画がある程度進み、移転場所や移転時期、オフィス家具の処分対象品、新規の家具や家電などが決定した場合にお見積りを作成します。
実際に現場調査させていただき、オフィス家具や電子機器、家電などの概算査定をおこないます。
リニューアルや移転による工程を引っ越し業者や管理会社さまと相談し、費用を安く抑えられる方法をご提案いたします。

買取依頼フォーム

オフィス家具の買取から廃棄に至るまで、さまざまな視点から提案、コンサルティングをさせていただきます。まずはご相談ください!






    NEWS INFORMATION