COST REDUCTION

コスト削減のポイント

オフィスの移転・リニューアル
コスト削減のポイント

余裕を持った事前準備が一番のコスト削減

計画次第でオフィス移転やオフィスリニューアルにかかる廃棄費用は大幅に削減できます!!
数百人規模の移転であっても1年以上前から準備に取り掛かるのは当たり前ですが、ほとんどの企業が、 そのうち新規移転先の選定、業者の選定、デザインの選定、レイアウトへの転用計画、新規購入家具の選定、 工程の立案などを決定して落とし込みをするまで、全ての労力の95%以上の時間を費やすことになる事が殆どです。

しかし大型移転になりますと新オフィスのプロジェクトと並行して、 急オフィスの閉鎖プロジェクトもかなり重たい作業になってきます。 なぜならば移転計画上、家具を転用するのが難しくなる分、既存の家具を廃棄して処分しなくてはならなくなり、 その結果、何も対策を取らなければ多額の廃棄費用がかかってきてしまいます。 要は原状回復前工事と我々は呼んでいますが、 そのコストを下げるために我々のような中古オフィス家具の買取業者と綿密に打ち合わせして、 不要家具を買取させていただくことこそ、廃棄コスト削減と産業廃棄物量の削減に直結するからです。

特に木製の高級家具をお使いの企業ほど廃棄費用が高くなる傾向があります。 何故ならば大型の木製家具は買取が困難になるため廃棄になってしまうからです。 特に役職用の個室などに木製家具を多様している場合。 執務スペースにローパーテーションを多用している場合。 大型のL字型や、V字型のデスクを多用している場合。 などの傾向のオフィスがそれに該当します。

コスト削減のチェックポイント!

  • 夜間作業はとにかくコスト増になるため、できる限り日中作業が一番
  • 小規模移転の場合、引越し業者様に不要物の搬出も同時にお願いして人件費を抑制
  • 買取は中古販売会社に直接依頼して関節コストを抑える
  • 廃棄作業は徹底的に分別作業を行い、鉄スクラップや配線等は資源で買取できる業者を選定
  • 廃棄作業と買取作業は同一作業でワンストップでできるところを選定
  • 廃掃法を遵守し、委託契約を締結しマニフェストの発行をお手伝い頂けるところを選定
  • 下見の時は人数制限をせずに多人数で下見をさせる
  • 下見の時は必ず写真撮影の許可を出す
  • リユースできない商材も解体分別することにより資源化(有価物)してくれる会社に依頼

廃棄に関わる全ての作業をワンストップ
確実なコスト削減を

買取査定業務は当然で、それ以外の下記の業務も全て当社で管理手配をできるのでコスト削減ができるのです! 実はものを処分するにもこれだけの工数がかかるのですが、 ビックリユースは日々のルーティング業務として的確に作業の最適化をいたします。

廃棄計画のプロフェッショナルに
お気軽にご相談ください

我々ビックリユースは、エリアによる適正処理はもちろんのこと、 優位性の持てるパートナーを選定し、安全で且つリーズナブルな処理をご提案します。






NEWS INFORMATION