Columns

コラム詳細

テレワークをご存知でしょうか? テレワークをするのは意識も大切!? 

テレワークは自由であって、自由じゃない事も!


本来は会社の事務所に通勤し、自分のデスクでパソコン作業などをすべき事を外出先や在宅など、勤務先以外の場所で仕事が出来るようになるテレワーク。
私も以前の会社にいた頃はパソコン業務、電話受付、資料発送などすべて在宅でおこなっていました。
通勤時間がもったいという意味合いもありました。
役割分担が出来ており、どこで仕事をしようがきちんとできれば問題ないという本質を見極めてのテレワークです。
ひとつ間違えると在宅では自身の時間管理が出来なくなりがちで、とても大変になります。
電話が多いと代わりがいない為、トイレも我慢したりランチが夕方になったりしました。
在宅であろうが、勤務先だろうが、仕事は仕事なんですよね。
たいがいの会社というのは通勤すべきだとか遅刻はNGだとか朝礼だとかに神経質になり過ぎて本来会社のスタッフとしての役目である「売り上げを伸ばす目標」を忘れがちになる会社が多いですよね。
その点、テレワークになると自分というのもしっかり持てるようになると思います。
何せ、自分で自分を管理するというひじょうに難しい事をするわけですから。
私は以前、フリーランスの営業をしていましたが、上司もいなければ誰もいない為自分で月のノルマを作りクリアをしていくという事をしていました。
ひとりでやっていると、この「自由」という壁が、深く重く厳しさに代わります。厳しい現実に直面します。
テレワークはこの感覚にひじょうに似ています。
在宅で自由過ぎて、ダラダラしがちになる人もいるはずです。
洗濯しながら、キッチンテーブルでパソコン打ち込み作業とか。
一見、自由にノビノビやっていても、会社のデスクとはやはり違います。
プライベートとビジネスの線引きがあやふやになるのは仕方ないかなとも思います。
そこで、感情や行動に線引きが厳しいという時に役に立つのがオフィス家具やオフィスグッズなのです!!
キッチンスペースでパソコン作業をしたい場合は、折畳が出来る小スペースのテーブルがおすすめです。
文具や普段使いの資料などすべては1ボックスに入れておくと良いです。
仕事の時だけ机上用のボードなどで囲うのもひとつの方法かと思います。
ルールはひとつのテーブルの上に仕事以外に置いていいものはマグカップだけと決めると良いです。
そのスペースに腰をかけた途端に仕事モードに切り替わるという習慣がだんだんついてきます。
ダラダラしない仕事ぶりがテレワークのポイントとなるでしょう。

ビッグリユースのデスクカテゴリ商品はコチラをクリック!!

 

 

 

HOMEへ戻る

NEWS INFORMATION