Columns

コラム詳細

オフィスの応接室の家具のひと工夫で商談の流れが良くなる!? オフィス環境作りの相談はビッグリユースへ。

応接セットの工夫で商談時間にプラスを

こんにちは。
早いもので3月中旬。
人生って早いなって思うこのごろです。
そして、特定のバンドの歌ばかり聴いているせいか頭の中で永遠に流れているという、笑。

さて、本日は商談するときの応接室について少々。。。
商談する際には応接ルームなどで話しをしていくかと思います。
しかし、昨今はパソコン画面等を使う事も多く、回線の関係からソファにテーブルだけでは少し不便になってきてますね。
やはり回線がきれいに収まるテーブルと椅子のセッティングがよいかと思います。
ただ、クールなテーブルとチェアというよりは、ウッド系カラーの厚みのある天板のものは温かみがありじっくり話をしていこうという雰囲気を出せます。
そこで椅子は、腰に負担がかからないものが良いかと思います。
単純な椅子のデザインよりも、たとえば応接という雰囲気も残すのであればシングルソファのような布張りのどっしりとしたやや重量感のある椅子がおすすめです。
じっくりと腰をすえて話し合いをするという意味を込めてセッティングされたオフィス家具はその意味が商談中もしっかり浸透します。
ひとつ注意しなくてはいけないのはパソコン等の回線ケーブルの乱雑さです。
シンプルでスマートに演出する事は大切です。
商談スペースで回線の乱雑さのイメージはとても悪い印象を与えてしまいます。
回線がスッキリ出来る、中央に回線用穴があいているミーティングテーブルはおすすめです。
安っぽさが出てしまいがちなので、木目調(ウッド系)のカラーデザインと、布張りのソファ的な椅子で多くても6人がけ程度が良いかと思います。
部屋の広さがあまりにも狭いと、逆に重量感あるオフィス家具が狭さを強調してしまうのでその点はじゅうぶん気をつけましょう。

広さとデザイン、
主にどのような商談内容が多いのか?
パソコンを使う商談がメインなのか?
それとも雑談系が多いのか?
、、、等々の背景を考慮しながら環境作りしていくと良いでしょう。

オフィスの商談場所となる応接室などの環境作りに新しい風を入れたい時、悩んでしまう時、スペースに合わせた家具の選び方などがわからないとき、是非、当社へご相談ください。
オフィス環境つくりのエキスパートのスタッフが迅速にご対応いたします。
なお、見積は無料ですので、一式購入や購入前の不用品買取などのご依頼はお気軽にご連絡ください。

 

 

 

●●TEL:03-6715-1234
●●【お問合せメールフォーム

 
 
==========================================
ビックリユース大田・川崎店
〒142-0013
東京都大田区大森南1-19-16
TEL03-6715-1234 FAX03-6715-1212

 

HOMEへ戻る

NEWS INFORMATION