ビックリユースはリユースの力で皆様に大きな笑顔をご提供いたします!

235-0012 神奈川県横浜市磯子区滝頭1-7-34-2

株式会社ビックリユース

045-752-4447
mv
メニュー

ATTENTION

総務のご担当者様へ


廃棄計画 余裕を持った事前準備が一番のコスト削減

計画しだいでオフィス移転やオフィスリニューアルにかかる廃棄費用は大幅に削減できます!!

数百人規模の移転であっても1年以上前から準備に取り掛かるのは当たり前ですが、ほとんどの企業が、そのうち新規移転先の選定、業者の選定、デザインの選定、レイアウトへの転用計画、新規購入家具の選定、工程の立案などを決定して落とし込みをするまで、全ての労力の95%以上の時間を費やすことになる事が殆どです。
しかし大型移転になりますと新オフィスのプロジェクトと並行して、旧オフィスの閉鎖プロジェクトもかなり重たい作業になってきます。なぜならば移転計画上、家具を転用するのが難しくなる分、既存の家具を廃棄して処分しなくてはならなくり、その結果、何も対策を取らなければ多額の廃棄費用がかかってきてしまいます。要は原状回復前工事と我々読んでいますが、そのコストを下げるために我々のような中古オフィス家具の買取業者と緻密に打ち合わせして、不要家具を買取させていただくことこそ、廃棄コスト削減と産業廃棄物量の削減に直結するからです。

特に木製の高級家具をお使いの企業ほど廃棄費用が高くなる傾向があります。何故ならば大型の木製家具は買取が困難になるため廃棄になってしまうからです。特に役職用の個室などに木製家具を多様している場合。執務スペースにローパーテーションを多様している場合。大型のL字型や、V字型のデスクを多様している場合。などの傾向のオフィスがそれに該当します。特に数千人規模のオフィス移転の廃棄予算になると5000万を越えることも珍しくありません。

『では残されるご不要な家具や機器はどのようにすれば処理コストを抑えることが出来るのでしょうか?』

一品でも多くのデスク、ワゴン、チェア、書庫、テーブル、ロッカー、ホワイトボード、パソコン、複合機、テレビ、シュレッダー等を、リユース業者に買取をしてもらうことが一番の近道です。
またその際に、買取業者には見積もりを作成させる時間の猶予をしっかり与えて、計画的に見積書を作らせることも重要です。

小規模の案件であればあまり必要ないのですが、大規模(数百名規模以上)案件になりますと、査定から見積もりの提出までに、ある程度時間の猶予がないと、物量が多い分リスクを伴うために、買取価格がどうしても弱くなってしまいます。

また一番良くないのは下見(現地調査)無し、画像データも無しで見積予算を算出する場合です。この場合は専らリユース業者は廃棄予算を作成することになり、買取自体が出来なくなるケースが殆どです。
また搬出作業の工程計画によっても大きく予算が変わります。搬出作業計画も短い工期でギリギリに計画されますと、工期自体にリスクが伴うため作業員を多めに動員する計画をたててしまい、これもコスト増に繋がります。


◆◆搬出計画も日中の作業で出来るような移転計画を推奨します◆◆
スケジュール的に余裕のもった廃棄物搬出計画を練りますと、廃棄予算5000万→2500万と半額になることもよくある話です。
逆に言いますと計画立案が悪いと、同じものを処分するのに倍費用がかかることもあります。
移転の工程自体を最適化することによって、廃棄物の搬出作業コストを比較的抑制することができ、そして何よりも環境に優しい廃棄計画の実行が可能になります。

1.夜間作業はとにかくコスト増になるため、できる限り日中作業が一番。
2.小規模移転だと、引越業者様に不要物の搬出も同時お願いすることが人件費抑制のポイントとなります。
3.買取は中古販売会社に直接依頼することも関節コストを抑えることができるポイントです。
4.排気作業は徹底的に分別作業を行って、且つ鉄スクラップや配線等は資源で買取してくれるところを選んで下さい。
5.廃棄作業と買取作業は同一作業でワンストップで出来るところを選定してください。
6.廃掃法(産廃の法律)を遵守し、委託契約を締結しマニフェストの発行をお手伝い頂けるところを選定して下さい。
7.下見の時は人数制限をせずに多人数で下見をさせることもポイントです。
8.下見の時は必ず写真撮影の許可を出すことがとても重要なポイントです。
9.リユース出来ない商材も解体分別することにより資源化(有価物)してくれる会社に依頼するのもポイントです。





廃棄計画のコンサルティング 豊富な廃棄コスト削減コンサルはビックリユースにお任せください。

①廃棄処分費を抑制するのは、中古リユース業者にお任せください。

なぜなら廃棄専門業者は廃棄で利益をつくらなければならない事業構造のため、廃棄費用を抑える提案がしづらく、その点リユース買取業者は、そもそも廃棄を抑えて仕入れの観点で不要物を見ますので1点でも多く中古什器や機器を仕入れたいという目的があります。
まさにそれこそが廃棄量の削減に直結し、廃棄コスト抑制に直結するからです。


②搬出コストを抑制するのも実はコスト削減の大きな役割です。

搬出費用も誰がやっても同じということではありません。搬出工程によっては費用が大きく変わることは多々ありますので、余裕のある搬出計画を立案する必要があります。


③中間処理場の選定(処分場)

産業廃棄物の処分場もどこも同じではありません。普段から多く受け入れをしている廃材によって処理物の得意、不得意があり、設備の内容によっては処理費用が変わってくることも珍しくありません。
鉄・非鉄をメインに受け入れている処分場の場合は、自社でシュレッダー処理できる設備を持っているところがやはり価格も強いといえます。
また雑ゴミが多い場合は。細かく分別して搬入することにより処理単価を安くしてくれる搬出業者を選定すべきです。

我々ビックリユースはエリアによって適正処理はもちろんのこと優位性のもてるパートナーの施設を選定して、安全で且つリーズナブルな処理をご提案します。



廃棄に関わる全ての作業をワンストップ

買取査定業務は当然で、それ以外の下記の業務も全て当社で管理手配をできるのでコスト削減ができるのです!

1.搬出計画の作成・予算作成
2.産業廃棄物の委託契約書の締結代行
3.マニフェストの作成代行
4.搬出作業
5.什器解体作業
6.現場での分別搬出管理(ココがミソ!)
7.収集運搬
8.搬中間処理場の手配(選定)
9.結果報告書作成
10.マニフェストの返却管理


実はものを処分するにもこれだけの工数がかかるのですが、ビックリユースは日々のルーティング業務として的確に作業の最適化をいたします。



コンプライアンス

排出者責任

◆◆産業廃棄物の正しい取り扱い◆◆
廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃掃法)を遵守してください。
原則として、排出者が自ら責任をもって処理をする。もしくはライセンスを持った適切な業者に処理を委託しなくてはならないのです。

有価物と廃棄物

では廃棄物の定義とは、物の性状、排出の状況、通常の取り扱い、取引の価値の有無で決まります。
買取が成立した時点で有価物(古物)となって再び利用を価値を見出されることになります。

委託契約の締結

産業廃棄物の処理を業者に委託する場合は委託契約を、中間処理業者と収集運搬業者とそれぞれ排出者が締結しなくてはならないのです。
それも実行前に契約を締結しなくてはならないのです。

マニフェストの発行

作業当日排出者は産業廃棄物管理表(マニフェスト)を作成して収集運搬業者にわたさなければなりません。
マニフェストには排出者の契約住所などの情報、排出事業場の情報、廃棄物種類、形状、数量、収集運搬業者、収集運搬業者の情報、中間処理会社の情報、中間処理施設の情報を記載してA表以外は全て運搬会社のドライバーに渡す必要があります。

保管義務

契約書とマニフェストはいずれも5年間の保存義務があり、適切に保管しなくてならないのです。また年に一度所轄の行政に年次報告をする義務があります。

不法投棄はもちろんこと知らなかったでは済まない決まりがあり厳格化されています。また違反すると罰則(罰金)がしっかりと課せられることになり企業イメージがダウンしてしまうのが一番最悪な状況です。